無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ショアブリ用フック考察

聖地クリエイター2号から

 

まだ釣れてるけど行かないの?

※注釈:聖地クリエイターとはつりしんに釣果を詳細にお話しし

    年度を代表する聖地を作り上げた方に贈られる称号

 

という問いがありましたが、

 

 

こちとらもう

大砲主義の釣りに向け爪を研いでる。

 

 

テッテレー♪


コーディング開始

 

で、フックの話。

昨年にE二が工房に遊びに来た際、

 

何この針??

と鼻で笑われたので

 

現在は素直に

言われた通り修正しています。

 

 

 

何をしているかと申すと

ポイントは1点だけ。

 

焼玉を作る

 

 

小針の場合は特に

巻きの回数面積が少ないので

 

10kg視野の対青物戦では

焼き玉は必要との事

 

※早掛け2/0ツイン

 

 

市販の鮭トレーラーが

たまに針抜けちゃうのも

 

この辺のケアがおろそかだからです。

混雑する鮭釣りも

ゴリ巻きしますからね^^;

 

 

とは言うものの、

 

こんな豆鉄砲みたいなフックは

あまり好きじゃないんです私

 

 

2本吸い込んで貰えれば

そこそこの保持力を確保できるかと

思うのですが

 

太軸5/0ロックに

300lbの根付糸に比べれば

 

有無を言わさぬファイトが出来ない事は

明白である。

 

 

じゃなんで2/0巻いた??

って話はそこよ。

 

細い根付糸に

軽い針だと吸込み良く

 

フッキングに至りやすいから。

 

ショートバイトに悶絶する日には

必要なんだな・・・。

ランディングに運の要素が強くなるけど。

 

 

 

フックも含めシステムや

タックルを繊細に

 

ヒロセマンがやってる

スーパーライトショアジギングや

 

エギングロッドなどで

マメヒラと戦う釣りを見る限り

 

生命感に満ちるルアーが

食い渋りに効く事は

 

理屈だなと私も納得して見ています。

 

 

近所にそんな根の少ない

有望な防波堤があれば

 

ソレもやりたいんですけどね。

あいにくございません^^;

 

 

とりあえず釣れそうな

西風が吹くまでは

 

ツナドリーム妄想と仕事三昧です

 

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

 

| けいいち | フック根付の巻 | comments(0) | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: