檸檬の釣り 2nd

<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【スターダストライダー】海サクラ用の新カラー | main | バラシ マス(鱒)ター >>

海サクラ用フック ’19シーズン

0

    くどくどと書く人が居ないのは

     

    自分でフック根付している人は特に、

    一家言あるのがこの話題。

     

    余計なお世話なんでしょうね^^;

     

     

    でも自分が採用する、

    しないにかかわらず、

     

    その方の使用しているフックが

    どうゆう経緯で

     

    何故そこに辿りついたか?

    私は知りたいですね。

     

    近所の、ねぇ奥さん!的な

    部分も含みで笑

     

     

     

     

     

    ルアーにも

    おっちゃんが夜なべして

     

    おまけフックを

    つけてはいますが、

     

    ソレ使ってない という人も

    ちらほらいて微妙な気分どす泣

     

     

    「このルアーで

    釣れてた設定を参考にして下さい」

     

    ひと目でわかるのは大事でしょ。

    そういう意味合いだよ。

    開き直った笑

     

     

     

     

     

    最近は常に自分から掛けに行く

     

    攻めの早掛けタイプに

    疲れてもうたので(笑

     

    現状はこうなっています。

     

    向こうアワセよろ! ^p^

     

     

    ネムリがない

    ストレートポイントには固執してるが

     

    一本はヒネリありで

    シャンクの長い

     

    貫通力のある丸せいごにしてる。

    画像向かって左。

     

     

    まず巻き操作のルアー本体を

    咥えた魚にアワセを入れると、

     

    ルアーが口を滑って

    まず魚に近い、

     

    アイの短い方の

    ショートシャンクのチヌ針が

     

    広角に待ち構えているので

    何処かにかかる。

     

    次に違和感を感じた魚の首振り中に

     

    貫通力のあるロングシャンクの

    丸せいごがフォローで刺さる。

     

    このストーリーを期待して

    使っています。

     

     

     

     

    1本種類を変えてるのは

     

    チヌだけでやってるより

    こうなりづらい↓

     

     

    アイに腰がなくなってきて

    沿うように揃っちゃうと

     

    刺さりにくそうな事は

    容易に想像がつくよね。

     

     

    あとは当日の

    タックルバランスという事になります。

     

    ロッドが硬めなのに

    細軸フックを選ぶと身切れしやすい

    だろうし、

     

    軟いのに太軸フックだと

    フトコロまで刺すのに苦労するわけだ。

     

     

     

    ドラグ調整でもかわせるけれど

     

    硬いなら太軸フックでぶっさし

    最後まで主導権を渡さない。

     

    軟いなら細軸フックでバイトを

    拾って優しくものにする。

     

     

    どっかんターボの渉と

    高回転まで回す拓海とは


     

    攻め方のアプローチが違うのである。

     

     

     

     

     

     

    同じフックも長く使っていると

     

    線径1.07が

    身体の一部になってる。

     

    どうゆうことかと申すと

    この線径だと

     

    歴代所有ロッドの感覚で

     

    シャウラ・・ドラグ緩め

    ムロアジ・・少しドラグ緩め

    ウエダ・・少しドラグきつめ

     

    と、魚をそれぞれで

    バラシタ経験から笑

     

    塩梅の引き出しがあるわけです。

     

     

    土肥富のフック8号を買って見たら

     

    オーナーより小さ目で

    触った感じ太軸だから

    釣り方の加減をすぐ対応できるのさ。

     

    便利でしょ?

     

     

    フックが小さいといえば

     

     

    ライダーと月影では

    推奨フックがこれだけ違う

     

     

    ソルトの丸セイゴ18号とチヌ8号

    に対して

     

    一刀チヌ6号にチヌ5号になる。

    もしくは丸セイゴ15号とチヌ6号。

     

     

    チヌ5で60UPの海サクラが

    獲れるのかといえば

     

    傾斜がなくて引き波の弱いサーフ、

    根の少ない磯場でのネットイン

     

    上記の条件なら十分に戦える。

     

     

    小針のメリットは

    吸込みが良く口に入るので

     

    浅いバイトが多い

    湖戦の戦士の知恵である。

     

    条件によって

    ソルトでも応用しない手はないだろう。

     

    ま、月影はチヌ8シングルに

    交換しとくのが無難ですけどね^^;

     

     

    フックそのものの話なら

     

    がまかつとオーナーばりに

    要望メールを出そうか思う。

     

    ナノスムースコートと

    マジックフッ素の対応針を

     

    もっと増やして欲しい。

     

    コウジマダイ

    A1筏チヌ

    一刀チヌ

    サーベルポイント

    早掛けマダイ

     

    いけそうなのは

    こんなとこだけど・・・

     

     

     

     

    新製品を見てみると

    うおっ!てのがあったのに

     

    バラ針ないのさ

     

    惜しかったよねー。

     

    餌針流用じゃなさそうです。

     

    がまの針でこの形状&

    外側に向き過ぎないフックポイント

     

    いい!

     

    値段にも勿論よるが

     

    コイツのバラがあれば

    まとめて乗り換えたものを。

     

    ザ・ボックスに詰めて

    売って欲しい。

     

     

    それでは明日は冬枯れ目前。


    「戦国時代ならまた死んだ!」

     

    檸檬の釣り、珠玉の

    バラシ総集編です。

     

    メンタル面からも、どう

    バラし鱒たに繋がって行くか

     

    深く掘り下げます。

     


    にほんブログ村

     


    にほんブログ村

    フック根付の巻 | permalink | comments(4) | -

    この記事に対するコメント

    連日のブログ投下、お疲れ様です!
    やっぱり、けいいちさんのブログは為になるし、おもしろいです。
    自分はまだフックを巻いた事がないので、おまけフックがなまくらになったら、巻いてみようかと思ってますー
    明日のブログも楽しみですー
    まっつ | 2019/01/25 5:46 PM
    まっつさん

    更新を毎日しなくなると
    毎日更新って大変だったんだな・・
    と思います笑

    現在、その分濃いめに
    投下する気持ちでいるので
    懲りずにまた来てください^^
    けいいち | 2019/01/26 12:19 AM
    お疲れ様です。
    いつもけいいちさんのブログ見て勉強熱心だと思って読んでます(^o^)/

    言われてみると購入したスターダストに付いてるフックを私は使って無いですね!!

    私も思考錯誤して見つけた?
    そのフックで作くって使ってます(^o^)/

    ようやく掛けた1本バラシたらショック大ですもんね!!
    トラウトキッド | 2019/01/26 4:31 AM
    トラウトキッドさん

    そうなんですよ。
    私もルアー買ったら付属のフックは
    速攻とっぱらって自分のにします笑

    これはやっぱり
    私の工数の無駄かしらね^^;
    今後をよく考えます!
    けいいち | 2019/01/26 11:16 AM
    コメントする