檸檬の釣り 探究会

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< #22 サクラ朝練。小は丸飲み、大は伸ばされ! | main | 檸檬の釣り 探究会について その4 >>

【インプレ】ツインパワーXD C3000XG

0

    年明けから

    メインリールとして

     

    びっしり使いました^^

     

     

    半年経っての

    インプレです。

     

    巻いた感じの剛性感というか

    ギアが噛んでる感じが頼もしい

     

    このリール。

     

     

    ここまで磯でロッドを置いてる時に

     

    波が来て半水没状態にも

    なったりと

     

    ラフ使いのおいら。

     

    使用後のシャワーがけのみの

    メンテナンスで異常ないですね(*^^*)

     

     

    今までソルトでは4000番を

    使っていて

     

    C3000になった時

    スプール径が小さくなって

     

    飛距離はどうなん?と

    少し心配でしたが

     

    それはキャスティング練習で

    どうにもリカバリ出来るレベル。

     

    お隣さんをオーバーキャストなのは

    変わりません。

     

    最近、地蔵装備だから

    人よりまた投げてるしねー^^;

     

     

     

    現行ツインパは

    ノーマルがおもに淡水用。

     

    SWは玉田におさがりとしたものの

     

    全機種を使っていますが

    XDはもちろん

     

    安心して使えるリールだと思います。

     

    でもね

     

     

    侍は、いちまんPGが

    ステラ装備ですが

     

     

    地蔵にもステラ欲しいどす・・

     

    金額を考えると躊躇しとる。

     

     

    アメマス様以外で

    70釣ったら買うかな。

     

    そうしよう^p^

     

     

     

    10回払いは

    なかなか終わりません笑

     

     


    にほんブログ村

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

    ーーーーー 以下過去記事 −−−−−−−

     

    新年の初売りで

    思い切ってXDを購入しました。

     

     

    開封の儀・・き

     

     

     

    湖戦の瞑想状態にて

    元々持ってる

    C3000を使っているうちに

     

     

    なんだかこの小ささが

    身体に融けて入って来て

     

    しっくりと来るようになった^^;

     

     

    目も覆いたくなる

    スロー巻き作戦用のノーマルギヤと笑

     

    普段使いのハイギヤのXG。

     

    ギヤ比違いの2台体制で

    死角ナシ・・・!

     

    末永く頼み鱒。

    ※寒いとシャーシャー言うルビアス は寒冷地仕様じゃないので冬眠じゃ

     

     

    一昨日から無意味に

    クルクルまわして仕事場を徘徊しとる。

     

    檸檬さんが

    不思議そうに見てるぞ笑

     

     

     

    ツインパ無印とスプールを共用できる

     

     

    無印の方には後々、

     

    メーカー公式メンテ可の

    XDのラインローラの部品を入れる予定。

     

    トルクスネジとは

    おさらばじゃ。

     

     

     

     

    SW4000番ツインパは

    替スプールとセットで

     

    玉田に格安?で

    ドナドナされていきました。

     

     

    釣り具は1個増やしたら

     

    1個減らしていかないとね?^^;

    使用タックル | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする