檸檬の釣り 探究会

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< グリーンパンプキン | main | スマホアプリ 釣り師の単位変換 >>

空撮本とレンジをきざむ話

0

     

    海サクラマス狙いで

    スランプに陥った時、

     

    私が行う事は

     

    ルアー着水と同時に糸フケとって

    タダ巻くだけ!です。

     

     

    交換したルアーごとに

    重さが違ったり

     

    ミノーだったらリップがついてるし

    レンジも勝手に変わってる^^;

     

     

    悪い方にハマってる時は

    難しい事をしない。

     

    釣りに限らず?鉄則です。

     

     

     

    調子が戻ったらまた

    積極的に

     

    ルアーのレンジを意識する訳ですが、

     

     

    表層狙いのサクラの釣りでも

    当日のベイトの泳層や

     

    沈み根の塩梅で

    カウントダウンをして探る事を始めると

     

    釣れた。から釣った!

    に変わって来るのが

     

    ルアーの釣りの面白さです。

     

     

    低活性時の

    レンジのミスマッチは致命傷。

     

    これが実感できてくるのは

    結構、魚を掛けてからでした。

     

     

    適当に投げて釣果を重ねるよりも

    こじつけであっても

     

    理由を考えて

    復習する事は

     

    学校の勉強ではしませんでしたが

    サッカーや釣りではしてた笑

     

     

     

    新しいポイントや立ち位置を増やしたら

     

    空撮本で

    コースの確認をしましょう!

     

     

    己が釣った立ち位置を

    見て回ると

     

    なるほど!!

     

    と納得できる共通点が

    あるはずです。

     

     

    ミスった時の反省は

    すぐしがちですが、

     

    気分よく釣って帰った日は

    研究を怠るものです^^;

     

     

    缶ビール(コーラ)あけながら

    空撮本を肴にするクセは

     

    玉田から教わりました。

     


    にほんブログ村

     


    にほんブログ村

    釣果UPの素 | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする