檸檬の釣り 探究会

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

細長いタイプ

0

     

    どこかに落としてきちゃうという、

     

    まさかの旅立ちをさせてしまった

    ヨルシンですが・・

     

     

     

    ワンバイトしかとれてない

    駄馬だったとはいえ、

     

    釣りの組み立てには

    必要なブツだった。

     

    これはダメなんだな・・^^;

    という確認(笑

     

     

     

     

    私のサクラ狙いの

    ルアーの投入順番として

     

     

    各種自前のジグミノー

    ヨルシン

    自前バイブレーション

    スプーンをメインに

    気になる他社製品

    気が向けば最後にメタルジグ

     

     

     

    ほっとけば浮くという

    カテゴリーの

     

    フローティングミノーを

    無くしたのは痛手だ・・。

     

     

     

    というわけで、

    また開発です。

     

     

    自分の帰った翌日、

    玉田が釣ったサクラの胃には

     

    20cm程度のオオナゴ・・

    ※と思われる

     

     

    北海道の海に通年居る

    オオナゴ、コナゴはやはり、

     

    無視出来ない重要なベイトだ。

     

     

     

    シルエットは細く、長く。

     

     

    今回はアサシンタイプではなく

     

    シルエットを重視した

    短距離砲

     

     

     

    40mも飛べば良い。

     

     


     

    ヘロヘロッとした

    弱りきったベイトをイメージ。

     

    湖戦も視野に入れて

    仕込んで見た。

     

     

     

    魚が居るのがわかっていれば、

     

    多方面のアプローチをして

    反応を見てみる。

     

    ルアーフィッシングの楽しみのひとつだ。

     


    にほんブログ村

     


    にほんブログ村

    ロングミノー製作記 | permalink | comments(2) | -